2013年03月05日

結婚式を挙げない

結婚式を挙げない訳を、分かってもらう為にはどう言えばいいと言われていますか?



1年ほど前に結婚をし、結納だけ済ませたものです。



結婚している半年前から「婚姻と結納をしている」というようなことと、「結婚式は挙げない」というようなことを親戚や知人に報告しました。



ところけど、少数と言われていますが・・・中には「いつ結婚式挙げるの?挙げないの?」と、繰り返し聞いてくる方がいまして・・・この度にパートナーも大人なので察して訳言わなくても、分かってもらえるかな?とかんがえ、「挙げないよ」だけ答えてましたけど、さすがに幾度か続いたので

、かんがえが甘かったとあらためようと思ったところです。



そちらの点で、どの訳を伝えたら、パートナーも承知のうえでし易いのかな?と・・・。



ネガティブな訳が幾つもある為に、批判(反論)も予想されるというようなことから、従来なら口に出したくないというようなことだったので真実は言わずにいたのと言われていますけどね。

やんわりと、10割全て言わずとも2~3割の説明で分かってもらえる手段があれば、ぜひ、教えて頂戴。

ちなみに、説明が必需なパートナーの同じよう点は、金銭に余裕があってお友だちが多い方です。





・そもそも金銭がない(都合があり、金銭を親に応援している側です。親も納得に応援出来ないのに、結婚式を挙げるのに違和感けどね。)

・お友だちが少ない上に、沖縄本島ならではの出し物をお願い出来る人がないでしょう。

・親の宗教的なテーマがあり、人前式しかできず、式場所選定が難しい。

・旦那もわたしも、人前が下手で・・・わたしはひたすらお披露目しているような結婚式のポイントに抵抗も思っています。



又、親戚が今のところ参加者みんな結婚式を挙げていますコンディションそのため、こういう常識化された感じのなかで、ぽつんと異端児のように取り残されていますようで、多少辛いです。

結婚式に憧れが全然ないと言えばデマに成るので、訳をきかれると、これまた辛いです。
posted by りい at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。